SCHOOL GUIDE 2020パンフレット無料進呈中!!

Futureプロへの道

サッカーという素晴らしいスポーツを通した「人間力」の育成

学校理念

「トレーニング」「教育」「栄養」「休養」それぞれに重点を置き、連携しながらサッカーを通して人間形成を行います。
学校・チーム・寮の担当者がコミュニケーションをとって、それぞれの目的にあった指導で自立した人間性を養います。

進学の精神

サッカーというスポーツを通し、日本のサッカー界・スポーツ界の発展と国際社会・地域社会の発展に寄与する人材を育成する。

Special Message

"サッカーに集中できる環境のもと、プロを目指す君たちを待っています。

アルビレックス新潟とJAPANサッカーカレッジ(JSC)は、発足当時から常に強い連携を保ってきました。さらに、この高等部はプロ志向の強いアスリートの育成を目指しています。

すでに他のJクラブでも教育機関との連携やユース強化が進められていますが、JSC高等部はそれらと比較してもさらに洗練されたサッカーの教育を受けることができ、着実に結果を残し始めています。抜群の環境で、自主性と強い意志を持った選手たちの挑戦には我々も期待するところです。

卒業生の酒井高徳選手のように、プロのプレーヤー、そして日本代表として活躍できる選手が誕生することを願っています。プロクラブ、専門学校、シンガポールチーム、そして高等部が一連となった動きは間違いなく日本サッカー界にとっても大きなインパクトとなるでしょう。

神田 勝夫アルビレックス新潟 取締役強化部長

JAPANサッカーカレッジ高等部から広がるプロへの道

Jクラブ・アルビレックス新潟のアマチュア育成組織として、強力な連携関係にあるJAPANサッカーカレッジ高等部。
プロへとつながる様々な道が、目の前に広がります。

常にプロを近くに感じ、プロと同等の環境でサッカーに集中しています。もちろんプロ契約のチャンスも存在。さらには、大学進学、海外挑戦などの可能性も広がります。

※JAPANサッカーカレッジ専門部進学後にもアルビレックス新潟・アルビレックス新潟シンガポールへのインターンシップ・契約のチャンスがあります。

卒業生がW杯に出場!
Jリーグクラブや大学、海外リーグで多く活躍中!

アルビレックス新潟 早川 史哉(2012年卒業)

アルビレックス新潟 本間 至恩(2019年卒業)

JAPANサッカーカレッジ高等部を卒業した選手は、Jリーグクラブや大学、JAPANサッカーカレッジなどで活躍中。さらにレベルの高いプレー環境をもとめて海外へ挑戦する卒業生たちも。その一部をご紹介します。

進路実績

効率的なトレーニングでレベルアップを図る

プロ同等の環境、時間を効率的に使ったトレーニング、コーチ・トレーナーなどのサポートにより、一人ひとりのサッカースキルを最大限まで引き出します。

トレーニング

究極のサッカー環境!プロ選手の側で練習が可能!

サッカーに集中するためにプロの施設にも匹敵するグラウンドやトレーニング機材、栄養管理士による食事メニューなど、あらゆる面からレベルアップをサポートします。

施設・環境

そのほかの学校の特徴